ダイエットブックBIZ

<今週の注目ダイエット方法>

ダイエットには運動も不可欠!

今からでもできる運動ダイエットの方法を大公開!!⇒運動ダイエットを効果的に行う方法!【食事制限だけのデメリットは?】

スポンサードリンク

今月のおすすめ!

人気の酵素ドリンクでダイエット!

ベルタバナー
imp公式サイトはこちら!

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアS】14日分トライアルパックが【500円(+税)送料無料!】⇒公式ショップはコチラ

【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ

【期間限定】 秘訣は骨盤ダイエット! 30万人が体験!今なら500円!⇒公式サイトはコチラ

1日5分のスロースクワットでダイエット!【痩せたという口コミ多数】

スポンサーリンク

スロースクワットは1日たった5分でダイエット効果が出て痩せたと口コミでも評判です。場所を選ばず1日5分でダイエット効果を実感できるなら継続しやすいですね!

スロースクワット

スロースクワットをご存じですか?スクワットは、誰でも行えるシンプルな運動。このスクワットをゆっくりと行うと、ダイエット効果がぐんと上がるとか。今回は、シンプルかつ短時間でOKな、スロースクワットによるダイエット方法について、口コミとともにお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ダイエットに運動はマスト!わかってはいるけれど……

効率よく痩せるためには、カロリー制限を行うだけではなく、適度な運動をとり入れる必要があります。

参考⇒運動ダイエットを効果的に行う方法!【食事制限だけのデメリットは?】

カロリー制限だけでも痩せることはできますが、ある程度痩せた後にリバウンドしてしまったり、太りやすくなったりといった問題が起きやすくなります。

リバウンドをした女性のイラスト

参考⇒リバウンドしないダイエット方法は?【筋トレや食事が重要!】

その理由は、カロリー制限を行うことにより、筋肉量が低下してしまうため。

食事制限している女性のイラスト

筋肉量が減ると、身体の代謝が低下してしまいます。

すると、ダイエットをする前よりも太りやすくなり、食事を元に戻した途端にリバウンドしてしまうのです。

スロースクワットとは?

運動をしない理由は、人によって様々。

中には、運動をしたくてもできない人もいるでしょう。

ダイエットに必要な運動は、まとまった時間を必要とするものが多いのも日常から運動から遠のく原因に。

運動

こうした運動に対する敷居をぐっと下げてくれるのが、自宅で、短時間で行える「スロースクワット」です。

スロースクワットの効果とは?

筋力トレーニングは「無酸素運動」と呼ばれ、負荷が大きい運動です。

筋力トレーニングを行うと、より筋肉が大きくなり、筋肉が発達する際に体脂肪が分解されると言われています。

ところで、一般的な筋力トレーニングに比べ、スロースクワットのようなスロートレーニングは、負荷が小さい運動です。

しかし、大きい負荷をかけたのと同様の効果が得られるとされています。

その理由は、ゆっくりとした動作でスクワットを行うことにより、血管が圧迫された状態が続き、筋肉に酸素不足が起きるため。

これにより、実際よりも強い運動をしたと脳が錯覚するため、軽い運動でも筋肉が効果的に鍛えられるのです。

楽な運動で効果的にダイエットができる

スロースクワットは、大腿四頭筋・ハムストリングス・ふくらはぎといったポイントに作用し、大きな筋肉を鍛えることができます。

ハムストリング

参考⇒ハムストリングを鍛えてダイエット!【お尻や太もも対策にも効果的?】

大きい筋肉を鍛えることにより、基礎代謝の向上や、脂肪の燃焼効果が期待できるとされています。

脂肪燃焼している女性

参考⇒脂肪燃焼させる効果的な運動方法は?【筋トレより心拍数!】

スロースクワットを続けていると、筋肉の中の脂肪→肝臓の脂肪→内臓の脂肪→皮下脂肪の順に脂肪が減っていきます。

参考⇒内臓脂肪を落とす方法とは?【ダイエットと運動でしっかり減らす!】

ごく短時間で済む軽い運動でありながら、次第に身体に変化が表れるので、運動が苦手な人や、忙しくて時間がない人におすすめです。

スポンサーリンク




スロースクワットのやり方とポイント

スロースクワットを行う際は、膝や腰に負担をかけないように、正しい姿勢で行いましょう。

スロースクワットのやり方

  1. 脚を肩幅に開き、腕を胸の前で交差させます。
  2. 膝を軽く曲げた状態から、ゆっくりと腰を落としていき、スクワットを行います。
  3. 5秒かけて太ももが床と平行になるまで膝を曲げ、下がったところで動きを止めず、すぐに上がるようにします。
  4. 姿勢を戻す時は膝を伸ばしきらず、床から45度くらいに膝を曲げた状態まで、5秒かけて上がっていきます。
  5. そこから、休まずに再び5秒かけて下がります。

*朝5回、夜5回の計10回行うことで、体脂肪の減少が期待できます。

*スロースクワットを習慣化できると、特別な運動を行わなくても身体に変化が表れるとされています。数日行っただけで諦めるのではなく、根気よく続けることがポイント。

重心のかけ方に注意!

スクワットの際重心がつま先にかかっていると、太ももの前面が鍛えられてしまうため、太ももの前面が張り、脚が太く見えてしまいます。

女性の場合は、脚は細くしたいもの。

そこで、注意したいのが重心のかけ方です。

女性3人でスクワットをしている

かかとに重心を置くことで、太ももの裏側の筋肉を効果的に鍛えることができます。

スロースクワットを行う際は、重心を後ろに置くように意識しましょう。

さらに有酸素運動でよりダイエット効果アップ

スロースクワットを行った後に、さらにウォーキングなどの有酸素運動を行うと、ダイエット効果が向上することが期待できます。

ウォーキング ランニング

参考⇒ウォーキングダイエットで成功するやり方とは?【1ヶ月で効果を実感!】

スロースクワットとウォーキングを組み合わせて痩せたという声も多いため、余裕があれば是非トライしてみてください。

スロースクワットを行った人の口コミは?

スロースクワットを行うことで「痩せた」と実感する他、肌や姿勢に変化を感じたという体験談が数多く見られました。

指さしする笑顔の女性

  • 1日に15回のスロースクワットを2週間続け、3kgの減量に成功。
  • スロースクワットを含めたスロートレーニングを2~3日に1回続け、半年で20kg減量。リバウンドなし。毎日続けて行わないのは、超回復のため。
  • 身体がポカポカして、肌がツヤツヤになった。
  • 1カ月ほど続けたら、姿勢がよくなり、ジーンズが緩くなった。

あなたも是非トライして、効果を実感してみてください。

1日5分のスロースクワットでダイエット!【痩せたという口コミ多数】のまとめ

スロースクワットは、場所を選ばずに短時間ですぐにできる運動です。どんなに忙しくても毎日続けられるため、是非長期に渡り続けてみてください。じわじわと効果が表れるのでお楽しみに。
スロースクワットを毎日の習慣にとり入れ、体脂肪を減らしていきましょう。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。