ダイエットブックBIZ

平日毎日更新!

今日はどんなダイエットニュースがあるのかな?⇒今日のダイエットトピックスはこちら!

スポンサードリンク

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ

【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ

【期間限定】 秘訣は骨盤ダイエット! 30万人が体験!今なら500円!⇒公式サイトはコチラ

えのきダイエットのポイントは”乾燥”と”冷凍”?【キノコキトサンとエノキタケリノール酸の驚きの効果!】

スポンサーリンク

「えのきダイエット」は近年の研究で明らかになった「キノコキトサン」や「エノキタケリノール酸」のパワーに注目した、いわゆる「食べるダイエット」です。このふたつの成分には、主として体脂肪・内臓脂肪を減少させる効能があると言われています。

Fotolia_42228203_XS-min

「えのき」は栽培の特殊性から日本人の食卓に普及した歴史はまだ浅いのですが、今後ますます秘められた機能が研究されていくことが期待されています。ぜひみなさんも、“最先端”のえのきを食生活にとりいれて、健康的なダイエットにトライしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

えのきとは?

皆さんもおなじみの「えのき」ですが、ここで「えのき」について学んでみましょう!

「えのき」はエノキやコナラといった広葉樹の根元に根付く乳白色の細いキノコです。「エノキタケ」とも呼ばれているので、わたしたち日本人にも馴染み深い食材ですよね?

瓶詰めでよく見かける「なめたけ」も原料は「えのき」です。筆者はよく鍋のお供に重宝しています。程よい噛み応えが良いアクセントになるんですよね~。

「えのき」は日本だけではなく、アジアはもとより、ヨーロッパ・アフリカ地方にまで広く分布しています。じつは江戸時代の時点ではまだ人工的に栽培するノウハウがなく、天然の「えのき」しか食べられていませんでした。

原木を用いた栽培技術が発達したのは、明治時代になってからでした。しかしそのときもまだ、一般の食卓に普及することはなく、なんと家庭で広く食べられるようになったのは、明治時代からさらに60年以上経った1960年代だったのです。

いまでは手軽に入手できる食材ですが、歴史的にみるとそう長くもないんですね。

えのきダイエットとは?

悩んでいる女性のイラスト

巷で話題の「えのきダイエット」は文字通り「えのき」を食べて健康的に痩せようというダイエットで、テレビや雑誌で頻繁に紹介されるようになりました。

「えのき」ですが、これを食べるといったいどうしてダイエットになるというのでしょうか?

食卓に広まった歴史が短いぶん、「えのき」の研究は他の食材と比べると遅れていたのですが、その遅れを取り返すのに充分な驚きの栄養素が含まれていたのです。

えのきの栄養素は?

「えのきダイエット」が話題になる理由は、「キノコキトサン」「エノキタケリノール酸」という2つの栄養素の効果にありました。

それぞれ見てみましょう!

キノコキトサン

「今回,エノキタケ抽出物によるラット初代内臓脂肪細胞における脂肪蓄積抑制作用,および脂肪細胞肥大化抑制作用を検討した結果,コントロールに比べ形態学的に脂肪滴の誠少が認められ,また,DNAあたりのTG量の測定においても,コントロールと比較して有意に減少することが確認されたことから,内臓脂肋細胞における脂肪蓄積抑制作用を強く有することが示唆された.」

(引用:「エノキタケ抽出物のラット初代前駆内臓脂肪での脂肪蓄積抑制効果」)

このように、えのきの抽出物のなかでも、とりわけ「キトサン(キノコキトサン)」と呼ばれる成分は、わたしたちの内臓脂肪を減少させる効果があることが明らかになっています。

「キノコキトサンに関して,堀らは,過剰な体脂肪を減少させる効果があることをヒト試験で明らかにしている.その効果について,笠木らは,健康な女子学生を被験者としたヒト試験で,体脂肪が標準より高い被験者の方が体脂肪の滅少量が大きいことを確認している.また堀らは,二重盲検法によるヒト試験を行い,BMI25以上の肥満被験者では,過剰な体脂肪量を減少させる効果を有する一方で,筋肉や骨などの体組成成分については大きな影響を与えないことを確認している.」

(引用:「肥満モデル動物におけるキノコキトサンの抗肥満効果」)

こちらの論文では、女子学生を対象とした試験で、標準を上回る体脂肪率の学生の方が脂肪量の減少量が多いこと、また、脂肪以外の体組成についての変化が見られないことが明らかにされました。

ラットではなく人での試験、さらに脂肪にダイレクトに作用するという驚きの研究結果ですね!

「キトサンは,消化管内の様々な物質を吸着し,排泄させる作用として胆汁酸吸着作用や脂肪保持作用が報告されている.キノコキトサンは,β一グルカンとキトサンからなる複合食物繊維であり,水および酸にはほとんど溶解せず膨潤し,界面活性的性質を特徴とする.そのため,油分の周りに薄い膜を形成し,腸の粘膜を薄くコーティングすることによって腸からの脂質の吸収を抑制する.」

(引用:同上)

さらに、栄養成分を吸収する腸の粘膜に薄い膜を張ることで、脂質の吸収を抑制する働きも明らかになっています。

このように、内臓脂肪の抑制に体脂肪をダイレクトに減少させる効果、さらに脂質の吸収を抑える働きと、キノコキトサンの健康効果には目を見張るものがあります。

これらの働きが近年の研究で明らかにされた、というのも、「えのき」の未知の可能性を感じさせてくれますね!

「以上のことから,キノコキトサンは,内臓脂肪型肥満をL病態として様々な生活習慣病の発症に関わる肥満を明らかに抑止することが確認された.その作用は,キノコキトサンに よる腸管での脂肪吸収の抑制と脂肪細胞での脂肪分解を介した血中脂質の改善および肝臓組織への脂肪蓄積の抑制によるものと考察する.すなわち,キノコキトサンは,過剰に蓄積した内臓脂肪を原因とするメタボリックシンドロームの発症の抑制に寄与することが期待できる抗肥満作用を有するきのこ由来の優れた食品素材である.」

(引用:同上)

肥満は生活習慣病の原因の1つに上げられますが、キノコキトサンにはこの予防に大いに活躍してくれそうです!

エノキタケリノール酸

「エノキタケリノール酸」は、内蔵脂肪率を低下させる効果のある4種類の脂肪酸から構成される成分です。じつはこれ、2000年代の中頃に行われた「キノコキトサン」の研究の過程から存在が確認された成分で、現在進行形で研究が進んでいます。

「エノキタケ抽出物(キノコキトサン)は食用キノコを原料とした機能性食品素材であり、β-グルカン、植物性キトサンおよび複合糖質などが含まれている。これまでの研究で、エノキタケ抽出物を摂取することによって、体内に蓄積した脂肪の分解促進効果が得られることが示唆されており、そのメカニズムとして、近年エノキタケ抽出物に含まれる脂肪酸が関わっている可能性が注目されていることから、これらの脂肪酸がどのような脂質代謝酵素や受容体の活性に関与しているのかを検討した。その結果、エノキタケ抽出物に含まれている特有の脂肪酸複合体(※筆者注:この脂肪酸複合体にエノキタケリノール酸が含まれている)に内臓脂肪の減少効果があること、またそのメカニズムにβ3アドレナリン受容体が関与していることが示唆された。」

(引用:「エノキタケ抽出物の脂肪酸を含む成分のアドレナリンβ3受容体結合:化学分析ならびに酵素活性・受容体結合研究」)

キノコキトサンが脂肪の減少・蓄積抑制に効果があるとお話しましたが、その働きには「脂肪酸」がカギを握っているようです。

キノコキトサンとエノキタケリノール酸の2つの成分を取り上げましたが、その働きを見ているだけでもダイエットが成功しそうな気がしてきます。

スポンサーリンク






えのきダイエットの注意点は?

食べるだけで良いとされる「えのきダイエット」ですが、気を付けなければいけないポイントはあるのでしょうか?

食べ方

「えのき」の食べ方ですが、基本的にお好みで大丈夫です。

調理方法によって内臓脂肪を減少させる「キノコキトサン」の量や効果が極端に減るわけではないので、鍋に入れてもよし、お味噌汁の具材にもよし、野菜と炒めて食べてもよし。とにかくなんでもありです。

これは嬉しい情報です。調理法を選ばないのであれば、いろいろ工夫も出来るので飽きずに毎日続けられますね!

乾燥させるのがポイント!

キノコキトサンの摂取には特に問題はありませんが、エノキタケリノール酸は乾燥させた「えのき」を食するのがポイント!

乾燥えのき エノキ

エノキタケリノール酸は「えのき」の細胞内に存在していますが、「えのき」の細胞は分厚い細胞壁で覆われています。エノキタケリノール酸を摂取するためにはこの厚い細胞壁を壊さなければならないのです。

これは通常の調理では難しく、「よく噛んで」も細胞壁を壊すまでには至らないのです。

そこで、エノキタケリノール酸を摂取するには「えのき」を乾燥させるのがポイントになります。乾燥させることで細胞壁がもろくなり、さらに細かく刻むことでエノキタケリノール酸を効率よく摂取できるようになります。

さらに、「えのき」を天日干しすると含まれるビタミンDの量が2倍になるそうです。ビタミンDは丈夫な骨を作るのに必要なビタミンです。骨粗しょう症の予防のためにも天日乾燥の「えのき」を上手に摂り入れましょう!

冷凍するとさらにすごい!

ビックリ

東京農業大学の江口文陽(えぐち ふみお)教授ときのこの生産量日本一の長野県中野市のJA中野市の共同研究でも「えのき」の健康効果が明らかにされました。

そして、その研究発表の場でミキサーでペースト状にした「えのき」を煮た後に凍らせた「えのき氷」が、「えのき」の栄養を効率よく摂取できることが紹介されたのです。

この摂取方法は共同研究の過程で考案された食べ方なので、科学的にもおすすめできますね!

参考 「えのき」が糖尿病の予防・改善に効果があることが判明。東京農業大学・JA中野市が共同研究成果報告会を実施。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000010989.html

また、この食べ方には糖尿病の予防や改善の効果も見られたとのことですが、他の「えのき」加工食品には同じような効果が確認できなかったそうです。

”冷凍”することで新たな健康効果が加わるとは「えのき」恐るべし!

ちょっと手間のかかる調理法ですが、血糖値が気になる方にはぜひとも試していただきたい摂取法です。

みさんもぜひ、用途に応じて、えのきダイエットを始めてみてはいかがでしょうか? もともと栄養価の高い食材ですし、低カロリーなので食べて損をすることはないですよ!

えのきダイエットのポイントは”乾燥”と”冷凍”?【キノコキトサンとエノキタケリノール酸の驚きの効果!】のまとめ

皆さんの食卓でおなじみの「えのき」ですが、一般的に食べられるようになってからそんなに時間が経っていないのは意外でした。それよりも驚きなのが「キノコキトサン」と「エノキタケリノール酸」という2つの成分!体脂肪の減少と脂肪の蓄積を予防する効果はダイエットの強力な相棒になりそうです!

この記事の作成にあたっては、記事中で触れた論文やサイトのほか、以下の情報を参考にいたしました。

えのきたけで内臓脂肪撃退!干して煎じて飲み続けたら2週間で26%減少

https://www.j-cast.com/tv/2012/10/02148621.html?p=all

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。