ダイエットブックBIZ

平日毎日更新!

今日はどんなダイエットニュースがあるのかな?⇒今日のダイエットトピックスはこちら!

スポンサードリンク

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ

【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ

【期間限定】 秘訣は骨盤ダイエット! 30万人が体験!今なら500円!⇒公式サイトはコチラ

えごま油ダイエットはじわじわ痩せる?【オメガ3脂肪酸とロズマリン酸の効果!】

スポンサーリンク

えごま油ダイエットは最近よく耳にする言葉です。えごま油が「食べる油」としてSNSでもよく話題に上るのは、皆さんもよくご存知ですよね?えごま油は「オメガ3脂肪酸」やポリフェノールの一種「ロズマリン酸」を豊富に含んでいて、それがダイエットに有効なのだそうです。

えごま

「油でダイエット!?」と、ひと昔前では考えられなかった言葉の組み合わせに驚きを隠せない方もいるのではないでしょうか?そこで本記事では最新の研究動向を参考にしながら、「えごま油ダイエット」の意義をご説明いたします。

スポンサーリンク

えごま油とは?話題になる理由は?

「えごま」ってなに? あまり耳慣れない言葉なので、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。「えごま(荏胡麻)」は地域によっては「じゅうねん」や「あぶらえ」とも言われる、日本人にとって馴染み深い植物なのです。

じつは「えごま」は、シソ科の一年草のことなのです。シソときけば、すぐにおわかりいただけるかと思います。この「えごま」を搾って出てくる油を「えごま油」といいます。

この「えごま油」は食用としてだけでなく、乾性油として塗料にも利用されていました。

これが90年代に入ると「えごま油」に豊富な「必須脂肪酸(α-リノレン酸)」が含まれていることが研究で明らかになり、健康食品として評価されるようになったのです。

またそれだけではなく、近年では、えごま油に含まれる「ロズマリン酸」の働きにも注目が集まっています。

有名な健康番組「ためしてガッテン」で「亜麻仁油」とともに「えごま油」が紹介されたのをキッカケに、「えごま油ダイエット」のブームが到来し、番組終了後には「えごま油」が品切れ続出の事態になりました。

そう、「えごま油」は「亜麻仁油」と同じく、巷で話題になっている「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれていることで、注目を集めるようになったのです。

えごま油はどうして痩せると言われるのか?成分の効果は?

悩んでいる女性のイラスト

油でダイエット、昔は考えられなかった組み合わせです。ただ、近年の研究で油には「健康に良い油」があることが明らかにされ、油とダイエットは相反する関係ではなくなったのです。

まずは「オメガ3脂肪酸」について説明しましょう。「えごま油ダイエット」はこの成分がカギを握っています。

オメガ3脂肪酸

わたしたちの身体には、健康を維持するうえで必要になるいくつかの「必須脂肪酸」というものがあります。必須脂肪酸は人間の体内では生成できない脂肪酸の一種で、その中の一つである「オメガ3脂肪酸」は体外から取り入れなければならないものです。

この「オメガ3脂肪酸」を含んでいる食品は、魚やアザラシの油、そして今回主役となるえごま油です。

ふつうに考えるなら、魚を食べていればきちんと「オメガ3脂肪酸」を摂取できることになるわけですが、現代の日本では年々魚を食べる習慣が減りつつあり、海外と比較すると相対的に日本人の「オメガ3脂肪酸」摂取比率が低下してきているのです。

α-リノレン酸

「α-リノレン酸」はオメガ3脂肪酸のひとつです。生活習慣病を予防する働きで注目を集めている健康成分でもあります。

「植物油に多く含まれるn-3系脂肪酸の1つであるα-リノレン酸は、近年血圧低下に関与する可能性が示唆されている。高血圧自然発症モデルラット(SHR)において、α-リノレン酸 の投与による血圧上昇の抑制が報告されている。また,米国の大規模な疫学調査では、α-リ ノレン酸の摂取が多いほど、高血圧発症率の有意に低いことが報告されている。」

引用:「α-リノレン酸による血圧低下作用に関する検討」

高血圧は「血圧」が高い状態のことを言うのはみなさんご存知ですよね?風船に空気を入れ続けるとそのうち風船は破裂してしまいます。これは風船内の気圧が高いことによって起こされますが、血圧が高いとこれと同じことが血管で起こる可能性があるのです。

脳出血、くも膜下出血など「出血」とつく病名の原因のほとんどが「高血圧」です。α‐リノレン酸にはこのリスクを低減する働きがあるんですね。

「α-リノレン酸にはアレルギーを抑制する効果が知られている。各種アレルギー症状の原因のひとつに、オメガ6系脂肪酸であるリノール酸の過剰摂取がありますが、α-リノレン酸はリノール酸対して競合的に働く性質があるため、リノール酸を原因とするアレルギー症状を緩和できるというしくみです。その他、がん細胞の増殖抑制、血圧の低下、血液改善などの報告もあります。」

引用:大和薬品株式会社「ドクターからの健康アドバイス」

http://www.daiwa-pharm.com/info/yazawa/8190/

毎年春先に話題となる「花粉症」もアレルギー症状の一つです。春先に憂鬱な思いをしている花粉症の方には朗報ですね!

ところで、このα-リノレン酸は体内で他の必須脂肪酸の「DHA(ドコサヘキサエン酸)」と「EPA(エイコサペンタエン酸)」へと変換されます。

DHA EPA

参考 厚生労働省 e-ヘルスネット「不飽和脂肪酸」

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-031.html

DHA、EPAもオメガ3脂肪酸の一種ですが、この2つにも「血流の改善を促す」「血液中の悪玉コレステロールを減らす」「中性脂肪の代謝や合成を抑制する」といった効果があるのは皆さんもご存知の通り!

血流の改善は基礎代謝の向上に、基礎代謝の向上は消費カロリーの増加につながります。基礎代謝は言わずと知れた「何もしなくてもカロリーを消費する身体の基礎活動」です。

これが活発になるとダイエットが上手くいくのです。

ロズマリン酸

「ロズマリン酸」は、約60年前にイタリア人によってローズマリーから発見されたポリフェノールの一種です。シソ科の植物に豊富に含まれており、抗酸化作用・抗炎症作用・アレルギー反応抑制などの機能で知られていました。

また近年では、脳の健康にも良い影響があることや、糖吸収を抑える働きが報告されています。

「……シソに含まれるロスマリン酸が糖吸収を抑制するとの情報から、シソの主成分であるアントシアニンに対してロスマリン酸の割合が多く、しかもその含量が多いシソ抽出物が得られるように抽出・濃縮操作上に若干の工夫をした。その製品について糖吸収阻害作用を調べたところ、α-グルコシダーゼ阻害作用に加え、グルコース自体の吸収を抑制して食後血糖値の上昇を抑制できる可能性があることを見出すことができた。」

引用:日本食品科学工学会誌「ロスマリン酸を多く含むシソ抽出物のラットでの血糖値上昇抑制作用」

https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010810997.pdf

えごま油に含まれるロズマリン酸にはアレルギー抑制効果の他にも、血糖値の上昇を抑える働きが期待されています。どちらも私たちにとって嬉しい働きですね!

さらにロズマリン酸には、筋細胞のエネルギー消費を促進するという研究結果もあります。

参考 農研機構「シソ科植物に含まれるロスマリン酸は筋細胞のエネルギー消費を促進する」

https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/4th_laboratory/warc/2016/warc16_s04.html

ただ、この研究は培養細胞レベルでの実験結果とのことで、人間の体ではどのような結果になるかは今後の研究をまたなければならないようです。

エネルギー消費の促進は基礎代謝の向上につながるので、これが人間の体でも効果があるとするとダイエットの心強い支えになりますね!

えごま油ダイエットのポイント

えごま油ダイエットでは急激な減量は期待できません。カロリーの消費効率を上げて、ゆっくりと溜まった脂肪を燃やしていくスタイルです。

じわじわタイプのえごま油ダイエットを上手く進めるには、どのようなことがポイントになるのでしょうか?

えごま油ダイエットの方法は、大まかに二通りあります。

料理に加える

ひとつは、えごま油を日々の料理に取り入れる方法です。パンにつけたり、スムージーに加えたり、オリジナルドレッシングを作るのもおすすめです。

他にも、ヨーグルト、味噌汁、コーヒー、納豆、ホウレンソウのおひたしに混ぜて摂り入れる方法もあります。

クセのない油なので、いくらでも工夫ができるのも毎日摂り入れるにあたっては嬉しいポイントですね!

また、えごま油を配合したサプリメントも数多く販売されているので、サプリを活用するのも賢い方法です。

そのまま「食べる」

そしてふたつめのえごま油の摂取法は、「ためしてガッテン」でも紹介されかなり認知度のが高まっている「食べる油」方式です。

文字通り、一日スプーン一杯を目安にえごま油を直接「飲む(食べる)」やり方です。

えごま油も「油」であることに変わりはありません。脂っこいものを最初に食べると、すぐに満腹感が押し寄せてきますよね?

なので、えごま油は食前に「食べる」のをおすすめします!

えごま油の注意点は?

指先

良いこと尽くめのえごま油ですが、光と熱に弱く酸化しやすいので管理や利用には注意が必要です。

えごま油は加熱調理に不向きなのです。油だからといって、炒め物や揚げ物に使用するのはNGです。

また酸化しやすいので、開封後は消費期限に気をつけて、保管するさいにはかならず冷暗所に置いておきましょう。

・・・と注意といっても、食材の保存に際しては普段から気を付けている以上の内容ではないですね(笑)

これならば、日頃の料理にも使いやすいですね!

えごま油ダイエットはじわじわ痩せる?【オメガ3脂肪酸とロズマリン酸の効果!】のまとめ

即効性は期待できないえごま油ダイエットですが、摂り続けることによって「太りにくい」身体にすることは出来そうです。他にも嬉しい健康効果があるので、そちらを期待して続けるのも良いですね!

記事の作成にあたっては、文中で触れた論文やサイトの他に、以下の情報を参考にいたしました。

ロスマリン研究会

https://www.rosmarin-labo.jp/workshop/20180226.html

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。