ダイエットブックBIZ

半日断食ダイエットで便秘もスッキリ!【デトックス効果もある?】

スポンサーリンク

半日断食ダイエットは18時間以上何も食べないというダイエット方法ですが、短期間のプチ断食なので無理がなく、まトックス効果もありますので人気があるダイエット方法です。腸を休ませることで腸内環境も改善して便秘解消も期待できます。

Fotolia_43153786_XS-min

半日断食ダイエットの効果で溜まっていた宿便もスッキリできて便秘解消効果が期待できます。胃と腸を休ませることによって体の中がリセットされます。もちろん食べない事によりダイエット効果もあります。

スポンサーリンク

半日断食ダイエットとは?

半日断食ダイエットは、よく知られている断食を取り入れた最近流行ってきているダイエット方法です。

Fotolia_22948897_XS-min本当に本気でする断食は最低でも3日以上何も食さない時が続くのですが、半日といっているだけ少し楽なプチ断食となっています。

参考⇒絶食ダイエットは3日が限界?【効果的な方法は夕食だけ】

ここ最近、この半日断食ダイエットのほかにも、週末断食など色々な方法を取っている方が増えてきているんです。

Fotolia_42973196_XS-min参考⇒プチ断食で週末ダイエット!正しいやり方でデトックス効果も?

デトックス効果もあって、すっきりできると人気が出てきています。

半日断食ダイエットの効果は?

半日断食ダイエットの効果として一番大きいのはデトックス効果です。

sukkiri-min参考⇒デトックスダイエットで美肌効果あり!【スープや水の摂取方法は?】

特に女性に嬉しいこのデトックス効果は、身体の中で溜まりにたまってしまった老廃物を外に排出してくれ、まさに身も心もきれいにしてくれるというありがたいものです。

Fotolia_42973318_XS-min

その具体的な効果を話せば、女性に多い便秘などの症状を改善、それにより起こりやすい抜け毛や吹き出物といった不調が減少し疲れも取れやすくなるといいます。

参考⇒ダイエットで抜け毛が増える?【栄養不足は食事で回復!】

また、こちらは男女共だと思いますが、お腹が空く事によって研ぎ澄まされた集中力がUPし、仕事や勉強に集中しやすくなります。

Fotolia_63471534_XS-min特に、アイデア力などがアップし、いつもなら思いつかないような突拍子もない事が浮かんだりで、思いがけない賞賛をいたたく事になるかも。

ちなみに、私の場合は勝負運がUPし、何か大事な仕事を頼まれた時や緊張する場も難なくクリア出来たなんて事が多々あります。

Fotolia_22948166_XS-min

あなたもぜひ、この体験が出来るといいですね。

スポンサーリンク

方法は簡単?

半日断食の方法は、1日18時間以上食事を取らない事です。

Fotolia_54938896_XS-min一番大事なのは、1日のエネルギー源とされる朝食を抜く事と、途中夜食や間食を一切抜く事だといわれているので、取り組む前日の夕飯後から一切食事しないというのが最も成功するようですね。

まぁ、健康診断の前日に食事を抜くのと同じ感覚です。

Fotolia_24729268_XS-min

もしも朝食を抜くのがどうしても辛いという場合は、朝必ず取らなくてはならない真水のほか野菜ジュースなどの胃に負担のないものをとります。

Fotolia_65881822_XS-min

参考⇒野菜ジュースで飲むだけダイエット!【手作りで効果アップ?】

要は半日断食にて胃の中を一度リセットする事が大事だという事です。

Fotolia_72911849_XS-minまた、断食終了後の食事いわゆる復食ですが、こちらもおかゆやヨーグルトなどお腹が急に来た食べ物にびっくりしないよう優しいものを食べる事を心掛けます。

Fotolia_64040248_XS-min参考⇒おかゆダイエットの効果的なやり方!【雑炊よりも成功できる?】

間違えてもリセットした分はドカ食いするというのは御法度です!

好転反応とは?

好転反応とは、身体が快方に向かう際に起きる不調。

Fotolia_39170310_XS-min

好転なのに不調?と思うかもしれませんが、よくよく考えると花粉症で起きるくしゃみや鼻水、風邪の時起きる発熱だって、身体が一生懸命病原菌やウイルスと戦っている証拠。

Fotolia_74008731_XS-minすなわち好転反応なのです。

ちなみに、薬などで起こる不調“副作用”と勘違いしてしまう方が多いようですが、こちらとは全くの別物だと覚えて下さい。

半日断食における好転反応は、人によって違うのが当たり前です。

糖分が身体から消えていくのでお腹が空きます。

Fotolia_68595039_XS-min

すると眠くなったり、めまいや頭痛を起こしたり、持病の腰痛や肩こりが悪化という方も。

中には吹き出物や口臭がひどくなるといった影響もあります。

Fotolia_37176947_S-min

また、一番の好転反応としては宿便排出ですが、その際行き過ぎて下痢になるというのも多い反応です。体内のデトックスが起こっている証拠なので、安心して最後まで頑張ってみましょう。

スポンサーリンク

宿便がスッキリ?

長い間腸の中に溜まった宿便。

Fotolia_38042754_XS-minコレが取れると、下腹部ポッコリだったなんて人も解消、吹き出物やいまいち優れない体調不良なんかの悩みともおさらば出来ます。

Fotolia_33960519_S-min

参考⇒下腹ダイエットで成功する即効で簡単な5つの運動とは?

そもそも宿便は、毎日快調だって人でも約3~5kgは溜まっており、便秘になりやすいという人なら約4~6kgのいらないものを身体の中に留めている事になります。

Fotolia_64027991_XS-minそんな宿便をお金をかけず排出出来るとして、半日断食をしている人は少なくありません。

病院で腸内洗浄を行うと1回約15000円。しかも最初の1ヶ月は週1のペースで行って、後は1~2ヶ月に1回のペースといったら、こりゃお金によほどの余裕がなくては出来ないのではないでしょうか。

便秘解消もできる?

便秘というのは日数ではなく、本人がいまいちスッキリしないと感じた時。

benpi03-min参考⇒ダイエットで便秘になるの?【スッキリ解消で代謝アップ!】

だから、1週間経ってやっとお腹苦しいと感じる人もいれば、3日で体調不良を訴える人もいます。溜まりに溜まった宿便は悪臭を放つので、何となくオナラや体臭が臭いという方は注意が必要です。

半日断食で便秘を解消出来る理由とは、一体どんなものなのでしょうか?

それは、腸を一時的に休ませる事によって善玉菌の働きを活発化させるから。

Fotolia_72859967_XS-min

美味しいものが飽和状態になっている現代、絶えず腸内には食べ物や飲み物が送り込まれています。

また、食生活以外でも、現代はストレス社会。

不規則な生活習慣などで腸内には悪玉菌が増加している状態です。

Fotolia_77283836_XS-minそんな状態を改善させるには半日断食がおすすめなんです。

肝臓も週に1日は休肝日を作るのが大事というのは、まさにこの事。半日断食で腸内環境リフレッシュ!ぜひ、試してみて下さいね。

どのくらいの期間やるの?

半日断食の期間は特に決められていませんが、1日18時間以上食事を取らないというルールさえ守れば気軽に取り組めると思います。

例えば、取り組む前の日の夕飯を19時に取ったとしたら、その後18時間、つまり翌13時までは何も取らないという事です。

期間が決められていないというのは、この半日断食ダイエットを1週間に1回のペースで行うという方もいれば1日おきに行う方、食べ過ぎちゃったかなと思った翌日だけなんて不定期な方も多いです。

食べ物が入っていれば胃や腸はずっと働きっぱなしですが、1ヶ月もやればかなり中がリセット&ダイエットできるので、最近胃もたれ気味だななんて方でも気軽に行えると好評のようです。

Fotolia_62763127_XS-minただ、無理のないダイエットという意味で行うのならば、体に負担がかからない程度のスパンで行うのが一番ベストなのではないでしょうか?

半日断食ダイエットで便秘もスッキリ!【デトックス効果もある?】のまとめ

ダイエットにはもちろんですが、体をスッキリさせたい方にもおすすめ。半日断食をすると脳も研ぎ澄まされる感覚がありますので、ここ一番にやってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top