ダイエットブックBIZ

平日毎日更新!

今日はどんなダイエットニュースがあるのかな?⇒今日のダイエットトピックスはこちら!

スポンサードリンク

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアS】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ

【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ

【期間限定】 秘訣は骨盤ダイエット! 30万人が体験!今なら500円!⇒公式サイトはコチラ

お酢ダイエットで内臓脂肪撃退!【毎日の摂取が効果のポイント!】

スポンサーリンク

お酢が美容健康に良いということは昔からよく知られていました。また、お酢にはダイエット効果も期待できると最近話題になっています。お酢は冷え性改善や美肌効果、ともすればアレルギー体質の改善にも効くとされ、90年代には「飲む酢」がちょっとしたブームになり、「りんご酢」などがよく売れました。ご多分に漏れず、筆者もよく母親に飲まされていたものでした。そして00年代には、カプセル型の「飲む酢」が登場し、爆発的に普及していきます。

Fotolia_44323477_XS-min

そして現在、かつて隆盛をきわめた「飲むお酢」のブームはいったんは落ち着いたかのようにも思えます。しかし近年では、従来とは違ったアプローチで「お酢」にスポットが当てられはじめ、「お酢にはダイエット効果がある」という評価がなされています。「お酢がダイエットにいいことは聞いたことあるけど、具体的なことはわからない……」本記事は、そんなあなたに「お酢のダイエット効果」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

お酢の健康効果をおさらいしましょう!

調味料を表す「さ・し・す・せ・そ」!聞いたことのあるという方がほとんどでしょう!「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」はお酢、「せ」は醤油、「そ」は味噌の「そ」ですね?

調味料としてすっかりおなじみの「お酢」、健康に良いことは昔から言われてきました。ここで「お酢」の健康効果を再度確認しておきましょう!

肌質の改善

お酢に含まれるクエン酸はビタミンCの吸収を促します。ビタミンCは抗酸化作用に優れ、美肌の維持に欠かせない栄養素だということは皆さんもご存知の通り!

さらにクエン酸には、このビタミンCの破壊を抑制する効果もあるので、継続的にお酢を摂取すれば肌質が改善されていきますよ!

血糖値上昇の抑制効果

「大さじ一杯(約15ml)のお酢を使った料理や飲み物をメニューに加えると、食後の血糖値上昇が緩やかになることが科学的に証明されました。血糖値とは血液中のブドウ糖濃度を測定したもので、空腹時には低下し、食後には上昇します。血糖そのものは生きていくための大切なエネルギー源ですが、急激な血糖値上昇が繰り返されると糖尿病につながる恐れがあります。」

引用:mizkan公式サイト「食後の血糖値上昇を緩やかに」

「食後の血糖値上昇を緩やかにするには、食事の中でお酢を「1日約15ml」摂ることが大事!普段の食事を一品お酢料理に変えてみるなど、お酢を摂ることを心がけてみましょう。」

引用:Mizkan公式サイト「朗報!「お酢」が食後の血糖値上昇を緩やかに!そのおすすめな摂り方とは?」

血糖値が高い状態が続くと糖尿病になりかねません!糖尿病は糖尿病網膜症や糖尿病性腎症などの合併症を引き起こす恐ろしい症状です。

そんな糖尿病を予防するには、お酢の摂取が有効なのです。

便秘改善効果&腸内環境改善効果

お酢には新陳代謝を高める機能があります。身体が冷えているときって、お通じが悪くなりますよね? じつは便秘に有効なのは、この新陳代謝なのです。

それに加え、お酢のもつ「殺菌力」は腸内環境を整えてキレイにしてくれます。

腸内環境が改善されれば、当然、腸の消化吸収力も高まりますので、なおのこと便通が良くなっていきます。一石二鳥ですね。

減塩効果

高血圧の原因となる塩分の過剰摂取。濃い目の味付けが好みだと、どうしても塩分の摂取量が多くなってしまいます。

そこで「お酢」の出番です!

「酸味と塩味の相互作用についてはこれまでに多くの研究が 行われており,浜島は1~2%食塩溶液に少量の酢酸(0.01%)を加えることで塩から味(塩味)が強くなることを報告している。口羽らは食酢を用いて同様の試験をしており0.3~2%の食塩溶液に対して0.5~2%の食酢の添加(食酢の総酸量が4.53%であるため酢酸濃度は約 0.023~0.09%と推定できる)で塩味が強くなることを報 告している。われわれのグループは酸味塩味以外の様々な味を有するだし液中でも,同様に少量の食酢(酢酸とし て0.005~0.02%)の添加が食塩濃度0.7~0.8%のだし液 の塩味を増強することを報告した。」

引用:日本調理科学会誌Vol42. No.4 238~243(2009)「料理における食酢の減塩効果の検討」

お酢には塩味を強く感じさせる効果があるとは驚きでした!お酢の酸味が塩味の代わりになるのかな?と筆者は考えていたのですが・・・(笑)

塩分の摂り過ぎが気になる方には耳よりの情報ですね!

カルシウムの吸収効率上昇効果

食事の量を減らしてダイエットをする方もいらっしゃると思いますが、そのダイエット法では栄養バランスが崩れ、ついついカルシウム不足になりがちです。

そこで、お酢の力を借りましょう!カルシウムとともにお酢を摂取すると、カルシウムは「酢酸カルシウム」に変化します。

酢酸カルシウムは、カルシウムを単体で摂取する場合に比べ50%も吸収率が高くなるのです。

食べる量が少なくなるダイエットであればこそ、カルシウムの吸収を助けるお酢の働きは無視できませんね!

お酢のダイエット効果とは? そもそも根拠はあるの?

お酢の健康効果をおさらいしたあとは、いよいよお酢のダイエット効果に触れていきます。

「みなさん、内臓脂肪って知っていますか?体の中にある内臓の周りにつく脂肪のことです。これが溜まると、高血糖や高血圧などを引き起こし、最近、いろんなところで耳にするメタボリックシンドロームにつながるんですね。お酢には毎日継続的にとることで肥満気味の方の内臓脂肪を減少させる働きがあることが、科学的に証明されました。同時に、体重、BMI(※2)、血中中性脂肪、及び腹囲を下げる作用があることも確認されました。さあ、お酢で健康的な体を目指しませんか。」

引用:mizkan公式サイト「肥満気味の方の内臓脂肪の減少」

お酢は身体のエネルギー代謝を促進させ、その一方で、身体が余分な栄養を吸収するのを抑制し、必要以上にカロリーを蓄積する体質を改善してくれます。

お酢を毎日継続的に摂取することが内臓脂肪の減少につながるのは嬉しい限り!

太る原因の1つとなる脂肪の蓄積。皮下脂肪に内臓脂肪と脂肪にも2種類ありますが、内臓脂肪は糖尿病や高血圧などの”生活習慣病”を引き起こす原因となる厄介な”脂肪”です。

脂肪を減らすことこそがダイエットの目的!毎日継続的にお酢を摂取することが内臓脂肪の減少につながるというのは心強いですね!

内臓脂肪を減少させることは、生活習慣病を予防していることに他なりません!

さらに、代謝を上昇させる有酸素運動とあわせてお酢を摂取すると脂肪燃焼効率が上がるので、適度な運動と合わせてお酢を摂取して効率よいダイエットを心がけましょう!

いろいろな種類のお酢!ダイエットにおすすめのお酢は?

お酢の中でもっともなじみ深いのは「穀物酢」でしょうか?一般的に「お酢」は穀物酢のことを指します。その一方で皆さんご存知のように「お酢」には様々な種類があります。

お酢の主な成分は「酢酸」ですが、これはどの「お酢」にも共通して含まれているので、内臓脂肪の燃焼効果はどの「お酢」にも期待できるのは間違いありません。

となると、ダイエットにおすすめと言える決め手となるのは酢酸以外の成分になりそうです。「お酢」それぞれの特徴を見ていきましょう!

米酢

米酢は穀物種の一種で、クエン酸が豊富に含まれているのが特徴です。

クエン酸には疲労回復効果があるので、運動疲れや仕事疲れなど、疲労感を感じた時に飲むのがおすすめです。

黒酢

最近よくCMで目にする「黒酢」!黒酢にはアミノ酸にミネラルやビタミンなどの成分が豊富に含まれています。

アミノ酸はタンパク質を構成する栄養素ですが、人間の体内で一番タンパク質が多い部位が筋肉です。そして、何もしなくてもカロリーが消費される「基礎代謝」は筋肉量に比例します。

アミノ酸が豊富な黒酢を飲む、ということは”筋肉”を飲んでいると言えそうです。

もちろん、筋肉を付けるにはトレーニングが必要になりますが、健康的な肉体作りと脂肪の燃焼との両立を目指すには黒酢が欠かせませんね!

りんご酢

文字通り、りんごを原料にして作られるのがりんご酢です。りんご酢は他の「お酢」と比べるとカリウムが多いのが特徴です。

カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。塩分の摂り過ぎが気になる方におすすめです。

おすすめのお酢の結論は?

数多くある「お酢」のなかでも、皆さんもご存知の3種類の「お酢」について触れました。

どの「お酢」も主成分が酢酸であることに変わりはなく、どの「お酢」にも脂肪燃焼効果が認められるのははっきりしています。

そうであれば、どれか1つに、と決めるのではなく、その時々の状況に応じて柔軟に選ぶのが「お酢」ダイエットに大切なことかもしれません。

何ごともバランスが大切と言われますが、これは「お酢」ダイエットにも当てはまりますね!

お酢の摂取量はどれくらい?飲み方は?

お酢には様々な健康効果があり、またダイエットにつながる脂肪燃焼効果があることがわかりました。

ここで気になるのは摂取方法です。いくら健康によいと言っても、摂り方を間違って効果を台無しにしてしまってはもったいないですよね?

摂取量の目安

お酢の摂取量の目安は1日約15ml、これを毎日継続して摂り続けることが大切です。

お酢は液体なので「飲む」という方法も思いつきますが、「さ・し・す・せ・そ」の調味料の1つでもあるので、日々の献立にさりげなく利用するのが賢い方法かもしれません。

酢の物、ドレッシングはもちろん、「お酢」を使った調味料「ポン酢しょうゆ」を使ったレシピも充実しています!

15ml、毎日どうやって摂取しようか…?と悩む心配はありませんね!

飲み方

手軽に摂取するには「飲む」というのも捨てがたい摂取方法です。

とはいっても、そのまま飲むとむせてしまいますし、空腹時にそのまま飲むと胃があれてしまう危険性もあるので気を付けましょう。

飲みやすいように薄めて、はちみつを混ぜて温めて飲むのが筆者のお気に入りです。

りんご酢や黒酢はそれを加えた飲料水も市販されているので、それを活用するのもおすすめですよ!

お酢ダイエットで内臓脂肪撃退!【毎日の摂取が効果のポイント!】のまとめ

昔から健康によいものとして親しまれてきた「お酢」。身近過ぎるのでインパクトと言う点では他の食材に劣りますが、毎日継続するだけで内臓脂肪が減少するのは何よりも嬉しいダイエット効果ではないでしょうか?こんな簡単に内臓脂肪を減らせるのであれば、実践しないのはもったいないですよ!

記事の作成にあたっては、記事中で触れたサイトや論文の他、以下の情報を参考にいたしました。

mizkan公式サイト「味、おいしい。体、うれしい。酢の力」

http://www.mizkan.co.jp/company/sunochikara/totonoeru/01.html

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。