ダイエットブックBIZ

白湯ダイエットの効果と簡単なやり方!【寝る前に飲む量は?】

スポンサーリンク

白湯ダイエットはからだの中からポカポカになり、寝る前に行うと効果的で白湯は自宅で作るだけの簡単さも人気の秘密ですが、白湯ダイエットをする際には飲む量はどのくらいでしょうか?

Fotolia_26208951_XS-min

白湯ダイエットでむくみやデトックス効果を感じる人が多くいます。白湯を飲むだけのダイエット方法なので、無理なくできるのがうれしいですね。夏の暑い時期や喉が渇いた時には、つい冷たい飲み物を飲みたくなりますが、ダイエッターなら飲み物にも気をつかいたいものです。安易に冷たいものを飲むのはおすすめできません。

冷たい飲み物は内臓を冷やし、身体の代謝を低下させてしまいます。ここでご紹介するのは、飲むだけでダイエットに効果が期待できる飲み物「白湯(さゆ)」です。ポイントを抑えた飲み方で、ダイエット効果を高めましょう。

スポンサーリンク

白湯を飲むことはアーユルヴェーダの教え

「アーユルヴェーダ」は、「生命の科学」とも言われる、インド・スリランカの伝統医学です。

薬などを用いて出ている症状を抑える対症療法とは異なり、病気が起きる前に不調そのものを予防する「予防医学」であるという点が特徴です。

指さしする笑顔の女性

このアーユルヴェーダで推奨されているのが白湯を飲むことです。

胃腸が温まり、よく働くようになる

白湯に期待できる一番の作用は、胃腸が温まり働きがよくなることです。

笑顔でお腹を触る女性これにより、食べ物の消化がよくなり、さらに体内の老廃物を排出する作用が高まることが期待できます。

白湯を飲むだけでダイエットにも!

白湯を飲むことを習慣づけると、腸に溜まった便を排出しやすくし、身体に余分な脂肪を溜め込みにくくなると言われています。

ズボンのお腹に隙間ができオッケーサインをしている女性

白湯を飲み続けることで、多くの場合は1カ月で2~3kg体重が減るとされています。

白湯がおすすめの理由は?

白湯がダイエットによいとされる理由は、以下の通りです。

1.内臓が温まる

白湯を飲むと、内臓が温まります。

これにより、全身の血流がよくなります。

また、内臓の温度が上がると、基礎代謝も向上すると言われています。

うちわで仰ぐ女性

参考⇒基礎代謝を下げずにダイエット方法は?【筋トレが効果的!】

基礎代謝とは、身体がその機能を維持するために必要なエネルギー代謝のことです。体温を維持したり、内臓を動かしたりするのに使われるエネルギーがこれにあたります。

親指を立てている女性

基礎代謝が向上すると、食物から得たカロリーをエネルギーとして利用する働きが高まります。

さらに、内臓が温まると、内臓が活発に働くようになるため、体内の老廃物を処理する力も向上することが期待できます。老廃物が体外に排出されれば、有害物質を無毒化する器官である肝臓が元気になり、糖などの代謝が活発になることも考えられます。

2.尿量アップ

白湯を飲むことで、血液やリンパの流れがよくなることが期待できます。

すると、体内にあった余分な水分を排出することができ、便秘やむくみの改善に効果が期待できます。

参考⇒足のむくみの原因と解消方法は?【甲や痛みがあると注意】

アーユルヴェーダ式白湯の作り方は?

白湯は、水を沸かしただけのシンプルな飲み物です。

白湯

作り方も特別難しいことはありません。

しかし、アーユルヴェーダで推奨される白湯の作り方は、水が沸騰してからもしばらくそのまま沸かしておくのが特徴です。

やかん

沸かしながら水を対流させることに意味があるとされているため、沸騰してからすぐに火を止めずに、気長に待ちましょう。

  1. ヤカンに水を入れ蓋をして、強火にかけます。(換気扇も回しておきます)
  2. 水が沸騰したら、ヤカンの蓋を取り、弱火にして10~15分ほど沸かし続けます。
  3. カップに注いで適温まで冷まし、すするようにして時間をかけて飲みます。

この時、お湯を冷ますために水を加えてしまうことはNGとされています。(その時飲む分以外は、保温ポットに入れておくと便利です。)

スポンサーリンク




飲み過ぎはNG!適量を守ろう

1日に白湯を飲む量は、700~800mlが理想とされています。

白湯を飲む女性のイラスト

必要な栄養を流してしまうため、白湯の飲み過ぎもよくないとされています。

アーユルヴェーダ式の白湯の適温は、体質によって異なりますが、冷まし過ぎると効果が半減してしまうため、人肌よりも熱めの温度で飲むのが理想です。

体質別、白湯の飲み方

アーユルヴェーダでは「ドーシャ」と呼ばれる生命エネルギーにより人の体質が成り立っていると考えられています。

ドーシャには「カパ」、「ピッタ」、「ヴァータ」の3つがあり、健康のためにはこの3つのバランスがとれていることが重要とされています。

  • カパは水のエネルギー
  • ピッタは火のエネルギー
  • ヴァータは風のエネルギー

で、どのドーシャが優勢かによって体質が変化します。

ドーシャのタイプ診断

どの体質であるかは、その人の正確や身体の状態などにより知ることができます。

ただ、人は1つのドーシャだけではなく、3つのどの要素も持ち合わせているため、どのドーシャの特徴によく当てはまるかによって判断します。

カパ

カパのタイプの特徴は、以下の通りです。

  • グラマーな体型
  • 鼻炎になりやすい
  • 黒目がちな目
  • 睡眠は深く、時間が長い
  • 髪につやがある
  • 肌の色は白く、なめらか
  • 愛情深い
  • 動作や話し方がゆっくり
  • 太りやすい体質
  • マイペースな性格

カパのタイプの人は、白湯の適温は90~100度です。

冷たい飲み物を飲み過ぎないように注意し、寒い日は身体を動かしてから寝るのがおすすめです。

ストレッチをする女性

食事は、冷たいものや油っぽいものを避け、過食に注意します。

ピッタ

ピッタのタイプは、以下の通りです。

  • 体型は中肉中背
  • 頭がよい
  • 目つきが鋭い
  • リーダー気質
  • 髪が細い
  • 感情の起伏が激しい、短気
  • ほくろやそばかすが多い
  • 汗っかき
  • 自尊心が強い
  • 食欲が旺盛
  • 雄弁家
  • 快便

ピッタのタイプの人は、白湯の適温は40~50度です。

水分をたっぷりととることを心がけましょう。

ペットボトルの水を飲む女性

身体を熱くしすぎないように、気温の高い暑い時間帯の運動は控え、入浴時のお湯の温度も注意しましょう。

また、過食や長時間の空腹を避けるようにします。

ヴァータ

ヴァータのタイプは、以下の通りです。

  • 華奢で痩せている
  • 肌は乾燥気味
  • 目が少し小さめ
  • 手足が冷たい
  • スタミナがあまりなく、バテやすい
  • 便秘がち
  • 食欲にむらがある
  • 行動的
  • 歩くのが速い
  • 流行に敏感
  • 飽きっぽい
  • 神経質

このタイプでは、白湯の温度は70~80度が適温です。

また、空調により冷やされた部屋で過ごす際や、冷たい飲み物を飲む時は身体を冷やさないように注意しましょう。

身体を温かく保つよう意識するようにしましょう。食事は温かいものを。

白湯を飲むタイミングは?

白湯を飲むタイミングと飲み方にはちょっとしたコツがあります。

1.朝一番

朝起きてすぐに、1杯の白湯を飲みます。

起床 朝

朝は内臓が冷えていますが、白湯を飲むことで内臓が温まり、消化力が高まると言われています。

朝一番の白湯は、ゆっくりとひと口ずつ、10~20分間かけて一杯を飲むようにします。

その後、30分程度時間をあけてから朝食をとるようにします。

朝食

白湯を飲んでからしばらくおくことで、胃腸が動き出し、朝食で食べたものの消化が高まるとともに、スムーズな朝のお通じを促します。

2.食事ごとに1杯ずつ

朝・昼・夕の食事中に、ゆっくりと、少しずつ白湯を飲むとよいと言われています。

一気に飲んでしまうと胃液が薄まるため、消化を妨げてしまいます。胃腸を温め、消化力を高めるために、少しずつすするように飲むようにしましょう。

スポンサーリンク





朝の1杯にレモンをプラス

白湯にレモン果汁をプラスすることで、よりダイエット効果が高まることが期待できます。

レモンをかじる女性

参考⇒レモンダイエットは美容効果もアリ!【簡単な方法は?】

起床後の朝食前に「レモン白湯」を飲むことで、冷えていた胃腸を温めるとともに、レモンの刺激によりスムーズな排泄が促されます。

また、日常的にレモンを食べている人は、食べていない人に比べ、糖や脂肪の代謝に関わるホルモンの血中濃度が高いという報告もあるため、毎日レモン白湯を飲むことで糖や脂肪の代謝が高まることが期待できます。

レモン白湯の作り方は?

レモン白湯の作り方は簡単です。

通常と同様に白湯を作り、白湯200mlに対しレモン果汁を5滴ほど加えます。

レモン

最大で大さじ1杯程度まで、好みに合わせて果汁の量を増やしてOKです。ただし、レモンは刺激が強いため、胃腸が弱い人は加える果汁の量に注意しましょう。

レモン白湯は、1日に1杯だけ飲みましょう。朝の1杯をレモン白湯、その他に1日5~6杯の白湯を飲むのがおすすめです。

レモンに含まれる成分はダイエットにおすすめ!

さらに、レモンには健康と美容に嬉しい成分が含まれています。

ビタミンC

ビタミンCには、腸内フローラを改善し、免疫力を向上させる作用や、抗酸化作用により免疫力が低下することを予防する作用などがあります。

腸内フローライラスト

参考⇒腸内フローラダイエットとは?【太りにくい体質へ効果あり!】

そのため、風邪などの病気予防に効果が期待できます。

また、ストレス下で分泌される「副腎皮質ホルモン」の合成にも関わるため、抗ストレス作用を高めるために必要な栄養素の一つでもあります。

美容面では、ビタミンCの持つ抗酸化作用が活性酸素による細胞の酸化を抑制し、老化の予防に効果が期待できます。

ビタミンP

レモンにはビタミンPと呼ばれる「エリオシトリン」や「ルチン」が含まれています。

これらの物質はポリフェノールの一種で、ビタミンCの働きを高めることがわかっています。これにより、コラーゲンの生成が促され、毛細血管が丈夫になったり、美肌に効果が期待できます。

両手で顔をおさえているミドル女性

さらに、ビタミンPには血管を拡張させ、血液の流れをよくする作用、脂肪の吸収を抑制し、排出を促す作用があり、肥満の予防やダイエット効果が期待できます。

クエン酸

レモンの酸味のもとであるクエン酸は、体内でエネルギーを産生する「クエン酸回路」の中で生成される物質でもあります。

このクエン酸を意識的に補うことにより、クエン酸回路の働きを高め、エネルギー産生を活発化させることができると考えらえています。また、クエン酸を摂取することで乳酸の代謝が高まり、疲労の予防や回復に役立つと考えられます。

リモネン

リモネンはレモンの香りの成分です。リモネンには、リラックス作用や抗不安作用があるとされています。

また、リモネンが交感神経を刺激し、体内時計をリセットするのにも役立つとされています。

時計 イラスト

リモネンの摂取により、心身ともにリフレッシュさせる効果が期待できます。

目的別に飲むタイミングを変える

身体のデトックス作用を高める場合には、レモン白湯を朝食の前に飲むのがおすすめです。

これに対し、ダイエット効果をより高めたい場合には、食後に5分ほど休憩してから散歩をし、その後にレモン白湯を飲むのがおすすめです。

散歩は15分程度行います。

散歩をしている女性参考⇒散歩ダイエットの効果的な距離は?【成功のポイントはコレ!】

その後、100~150mlの白湯を飲むと、代謝が向上するとされています。

はちみつ白湯で栄養補給を

白湯にはちみつをプラスした「はちみつ白湯」もおすすめです。

ハチミツをスプーンですくっている

参考⇒寝る前ハチミツダイエットの効果と方法!【逆に太る事は?】

作り方は、白湯150~200mlに対し、はちみつを小さじ1杯加えるだけです。好みによりレモン果汁を加えてもよいでしょう。

目覚めの1杯から就寝前まで、はちみつ白湯ですっきり

はちみつ白湯は、朝・昼・夜の3回飲むのがおすすめです。

普通の白湯と同様に、朝の1杯は身体を目覚めさせ、腸の活動を活発にしてくれます。

起床

また、はちみつに含まれるブドウ糖が脳の栄養となるため、脳が目覚め、すっきりとすることが期待できます。

白湯が胃腸を温め、消化を促進してくれます。

お昼にはちみつ白湯を飲む時は、食前ではなく食間に飲みます。

豆乳 ホット

食間とは、食事が終わってからおよそ2時間後のことです。これにより消化がよくなるため、胃腸の負担が軽減されることが期待できます。

睡眠の質が高まることが期待できるため、夜寝る前にはちみつ白湯を飲むのがおすすめです。

はちみつと白湯を合わせて飲むことで、副交感神経が優位になり、身体がリラックスして眠りやすくなることが期待できます。

睡眠をとっている女性のイラスト

さらに、就寝中は細胞の修復が行われますが、はちみつの栄養が身体に届けられることで、寝ている間の細胞修復をサポートできます。

はちみつの栄養

はちみつには、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • カルシウム
  • カリウム

など、様々な栄養素が含まれています。

はちみつ

はちみつに含まれるこれらの栄養素は、身体に吸収しやすいイオンのかたちで溶け込んでいるため、はちみつは栄養補給に適していると言えます。

また、はちみつの主成分はブドウ糖です。

ブドウ糖は、食事などから摂取した糖が消化により分解された最終的な糖のかたちです。ブドウ糖として糖質を摂取すると、エネルギーとして使うためにわざわざ分解する必要がないため、身体に負担をかけることなく素早くエネルギー補給をすることができます。

脳の唯一のエネルギーもブドウ糖なので、頭を使い疲れた時などに、はちみつ白湯でほっとするのもおすすめです。

口コミではどんな評価?

白湯ダイエットの口コミですが、白湯ダイエットをした人の多くは、

  • 痩せた
  • 効果があった

などの口コミをしています。

私の友達は白湯を飲んで、一ヶ月で5キロ痩せました。『なんだ!一ヶ月もかかって、5キロかよ。』って思いますが、白湯だけで5キロ痩せるなんてスゴい効果的だと思います。この白湯ダイエットは芸能人もされていますね。

白湯を飲んでいる、皆さん、スラリとしてます。胃に優しく健康にも良い白湯ダイエットなので今夜からでも始めてみてはいかがでしょうか?

白湯ダイエットの効果と簡単なやり方!【寝る前に飲む量は?】のまとめ

ダイエットのために白湯を飲んでいるのに効果がないという場合には、白湯の飲み方が間違っている可能性があります。体質に合わせ、適温の白湯を適切なタイミングで飲むことで、身体のめぐりをよくし、ダイエット効果を高めましょう。さらに、レモン白湯やはちみつ白湯も是非お試しください。その時々に合った白湯を飲んで、健康的に美しい身体を目指しましょう。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top