ダイエットブックBIZ

体脂肪率を落とす方法と期間は?【食事が原因で短期間で増える事も】

スポンサーリンク

体脂肪率を落とす方法は有酸素運動や筋トレ、そして食事管理などの方法がありますが、そもそも体脂肪率が増える原因はどのような事が原因なのでしょうか?中年太りにならないためにも体脂肪率の管理をしていき小まめなダイエットをしていきましょう。

taishiboukei-min

体脂肪率を落とす方法で効果的な運動や食事管理方法はどのようなものがあるでしょうか。また体脂肪率を落とす期間はどれくらいかかるものでしょうか?健康にも良い影響を与えませんので時間をかけてゆっくり体脂肪を落としていきましょう。

スポンサーリンク

体脂肪率が増える原因は?

体脂肪が増える原因は様々ですが、端的に言うと、食べ物で摂取したカロリーが、運動などで消費するカロリーを上回っているからです。

デスクワークなどで普段あまり運動していなかったり、一回の食事の量が多かったり、一日一回の食事でドカ食いしたり、脂っこい食べ物やスナック菓子を好んで食べていたり、よく夜更かしをしたり、というような生活習慣を送っていると体脂肪が増えてしまいます。

人が一度に消費代謝出来るエネルギーには上限があるので、それを超えてしまったカロリーは脂肪として体中に蓄積されてしまうのです。

Fotolia_28095482_XS-minまた、基礎代謝が低いことも体脂肪が増える原因となります。

参考⇒代謝をあげる7つの方法とは?【驚きの食べ物やサプリ等】

年をとって基礎代謝や運動消費量が減少し、中年太りしてしまうのはこのためです。

参考⇒女性の中年太りの原因は?30代40代はダイエット対策

体脂肪率を落とす方法は?

体脂肪率を落とす方法として、大きく挙げると二つあります。

それは食事改善と運動です。

要は摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせば、体内の脂肪は消費されて脂肪率は低くなります。

Fotolia_50767979_XS-min

食事改善では、脂肪として蓄積されてしまわないように日々の食事内容を見直し、摂取カロリーそのものを減らし体脂肪率を落とす方法。

あとはサプリも併用するというのも効果的です。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

運動では、筋肉が少なくて基礎代謝が低い場合は無酸素運動の筋肉トレーニングをし基礎代謝では間に合わない余ったカロリーは、有酸素運動で消費する、という方法があります。

Fotolia_74409625_XS-min

参考⇒有酸素運動はダイエットに効果的?【室内でも心拍数管理!】

そのほか食事内容の改善だけではなく、食事の時間帯、食事の取り方などを変えたり、食欲を司っている脳を上手く誤魔化すことで体脂肪を落とすことも出来ます。

スポンサーリンク

食事で落とす方法は?

一日の基礎代謝で消費できるカロリーを超えないように気をつけると体脂肪が落ちます。

もし、日々の仕事などで運動をする時間を取れない方でも、これなら体脂肪率は落とせます。

もしその上で運動すれば、脂肪は更に減少するでしょう。ただし、あまりにも摂取カロリーが低い食事を続けていると、筋肉量が減って、太りやすく痩せにくい体になってしまうのでやりすぎには注意が必要です。

Fotolia_37176815_XS-min

参考⇒痩せにくい原因は体質なのか?改善して基礎代謝アップ!

一日300カロリーを目安に摂取カロリーを減らせば筋肉量が減ることも無いので、体脂肪率は落ちていきます。

また、一日一食にしてしまうと、インスリンの作用により、血中に流れる糖質が脂肪として細胞に蓄積されてしまうので、バランスの取れた食事を一日三食、決まった時間に食べることが重要です。

やっぱり有酸素運動

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、体脂肪率を落とすなら有酸素運動をするといいでしょう。

有酸素運動とは無理せず、少し息が弾み、軽く汗がにじむ程度の運動のことです。あまり意気込みすぎて次の日などに筋肉痛になるようでは、それは無酸素運動となり、脂肪が燃えるのではなく、筋肉が増えてしまいます。

ですから、無酸素運動ではなく、有酸素運動運動がしたい場合で一番いいのはウォーキングです。

Fotolia_41962424_XS-min参考⇒ウォーキング効果で-9kgのダイエットに成功した体験談

走ってしまうと、強度によっては無酸素運動になってしまいますので、あくまでもウォーキングです。

そして、筋トレのように筋肉は付かないので、日々の生活の中でウォーキングを習慣化する必要があります。

通学通勤の時間をウォーキングの時間にしたり、車や電車、自転車を使うところを徒歩にし、長期的に続けることで、体脂肪率を落とすことが出来ます。

参考⇒自転車ダイエットの効果的な時間と消費カロリーは?【電動もあり】

筋トレは効果的?

筋肉が少ないことが原因で体脂肪率が高い方は、筋トレをすることも一つの方法です。

Fotolia_66377673_XS-minそれには、自分の体で筋肉が比較的に少ない部分を重点的に鍛えるのが効果的です。そして筋トレのような無酸素運動で脂肪を燃焼したいと思うなら、心拍数120~150前後をキープした運動と、胸・肩・背中・脚・お腹など連続的な運動が効果的です。

参考⇒心拍数ダイエットで脂肪燃焼効果!【計算方法は?】

例えばジョギングやランニングをする際に、心拍計をつけて自分の心拍数を見ながら走ったり、部位別筋トレを5分以上の休憩を置かずに続け、1セットとして行うなどです。

参考⇒ジョギングでダイエット効果を出す時間と距離は?【スローもOK】

また、お腹部分のインナーマッスルを鍛えると、お腹の中にある内蔵が支えられ、同時に筋肉が熱量を逃さず生産し、内臓の動きを助けてくれるので、内臓脂肪が燃えやすくなり、体脂肪率が落ちていきます。

スポンサーリンク

どれくらいの期間が必要?

体脂肪率を落とすのに必要な期間は、元の体脂肪率の高さや体質、頑張り具合によって大きく影響してきます。

2ヶ月で1%だったり、1ヶ月1%だったり、5%も落とす人もいます。

ダイエット前の体脂肪率が高ければ高いほど落ちやすく、最初はすぐ落ちたけれどその後だんだん落ちにくくなったという経験は誰しもあると思います。

Fotolia_57307632_XS-min他にも、筋肉量で体脂肪率が減少する期間が左右される場合もあります。

筋肉が多い人ほど基礎代謝が高く、脂肪を燃焼しやすいので効果が早く出ます。

同様に、同じ運動でも有酸素運動よりも無酸素運動で筋トレなどをするほうが比較的短期間で効果が出やすいです。筋肉が動くことによって、周りにある脂肪が消費され、それが筋肉に置き換わり、体脂肪率が落ちることになります。

短期間で落とすには?

もし短期間で体脂肪率を落としたいと思うなら、筋トレをするのが一番てっとり早いです。

さらに言えば、スポーツジムに通ってインストラクターの人についてもらって、自分にあった筋トレ方を教えてもらうと期間が更に短くなります。

もしそれが難しい場合は一回の筋トレルーティーンを週2,3回のペースでやるといいです。

あまり負荷をかけすぎて、筋肉繊維が壊れてしまうと、修復に時間がかかって逆に時間がかかってしまうので、次の日に耐えられるような筋肉痛程度に収めておくと結果的に短期間で体脂肪率を落とすことが出来ます。

Fotolia_65399865_XS-minまた、空腹時に運動をすると血中の糖ではなく、脂肪が消費されやすくなるので、運動前はものを食べずお腹を空かせた状態にすると効果的です。

内臓脂肪が気になるならコレ!

体脂肪の多くは内臓についてしまう脂肪が原因になっています。

そんな内臓脂肪を減らすならラクトフェリンがおすすめです!詳しくは↓

内臓脂肪の減少をラクトフェリンがサポートすることをライオンが発見!

体脂肪率を落とす方法と期間は?【食事が原因で短期間で増える事も】

隠れ肥満と呼ばれる方はこの体脂肪率が高い傾向にあります。体脂肪も通常のダイエットと同じ方法で落とすことができます。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top